『いっしょに、食べよう。』


nijitoでは月に2回、社員みんなでおいしいごはんを食べます。「いっしょに、食べよう」を愛言葉に、古き良きものを未来に。10年後の畑のために。10年後のカラダのために、食事をみんなで食べる。みんな笑顔になる。「こんなにお野菜っておいしかったの?」「はじめて苦手なトマトがおいしいとおもった。」など社員みんなで食材のおはなし、料理のおはなし、大切な家族のおはなし、いろんな話をしながらおいしい食事をします。お料理はcatering。マクロビの師匠「中美恵さん」・「倉成秀美さん」に愛情のこもったお料理を持参してもらっています。食材も旬のものをメインに、からだに良いものを厳選、調味料もほとんど使っていないので、食材の本来もつうまみを味わえてみんな大満足です。月2回のnijito大人食堂をつうじて、日々の暮らしの中に少しでも食の大切さを実感でき、無理せずにできることからはじめよう、という想いもうまれてとてもよい活動の1つです。