cencept-img

富安
マーケティング局デザインチーム所属 / 虹人歴:1年半

今、どんな業務に携わっていますか?どんなときにやりがいを感じますか?


今現在やらせていただいていることは、お客様へお届けするダイレクトメール等の紙モノのデザイン、ダイレクトメールから商品を購入するためのwebキャンペーンページのデザイン、コーディング、また商品撮影やお客様撮影などの写真撮影もやらせていただいています。 最近になり、商品パッケージのデザインなども任せていただくことも増えました。 基本的に自社ブランドの販促物になりますので、新商品の企画段階から参加することができることが何よりも嬉しいことです。単純に見た目がおしゃれなデザインを制作するのではなくて、新しい商品がどのような想いで、どのようなお客様に向けて誕生したものなのかを読み取りつつデザインを進めて行くのはデザイナーにとっては自分自身が成長するためにとても重要なことだと感じています。 普段業務をこなしていく中で特にやりがいを感じるのが、新しいことにチャレンジしていくことです。 僕はもともとなにかを創作することが好きで、ゼロから生み出していくことならば何にでも興味があります。例えば写真撮影の業務なども最初はカメラが趣味だったことで社内の簡単な撮影をやらせていただくことから始まったのですが、今ではシーズン毎の大きなキャンペーンの撮影まで任せていただけるようになりました。 ただ、趣味から始まった業務とはいえ、お客様に届く大切な写真になりますので当然プロが撮影するものと同等の写真を撮影しなくてはなりません。そのために写真の勉強を自分でしたり、プロのカメラマンさんに依頼して仕事をする時などは積極的に同席をしてプロの業を参考にするなどしています。 このように新しいことを会社的にも自分の中でもチャレンジしていくことにやりがいと感じます。

これからなりたい自分とは。もしくは虹人として実現したいこと。


今現在のデザイン業界、クリエイティブ業界は制作ソフトの技術発展や撮影機材なども昔に比べて比較的安価にプロ仕様の機材を購入することができます。なのでクリエイティブな分野においてプロとアマチュアの差がますます埋まっているように感じます。このような時代だからこそ自分から積極的に勉強をしたり、新しい技術を会得して時代の流れに置いていかれないようにしたいと思っています。時代の先端を追ってチャレンジしていくことは多少の努力があればできることだと思いますが、時代の先端を超えて、自分が時代の流れを作るくらいの意気込みでクリエイティブなことを探したいと思っています。 また、虹人として実現したいことは、お客様へ商品を届ける制作物を制作しているものの、実際にお客様と触れ合う機会はほぼ無いので、これからはもっともっとお客様と実際にお会いして生の声を聴きたいなと思っています。

座右の銘


強く、雄々しくあれ。