cencept-img

須崎
デザイン部所属 / 2020年入社

今、どんな業務に携わっていますか?どんなときにやりがいを感じますか?


現在、haruブランドのダイレクトメールなどお客様のもとに届く制作物のデザインや、商品のキャンペーンサイトのデザイン・コーデイング、メールマガジンやバナーなどのデザイン制作を担当しています。haruブランドだけでなくnijitoが展開するブランドの多くは、自社内でデザイン制作をするものが多くあります。なので、新商品の企画担当やディレクター、社内スタッフがお客様にどんなことをお伝えしたいかや「おせっかいをしたい!」という熱量を日々身近に感じることができています。その熱量をデザイナーとしてどうしたらお客様の心に響くものをお届けすることができるか、模索し挑戦できることにやりがいを感じます。 そうして議論を繰り返して形になり、それを多くのお客様にご覧いただけて、「早速読みました!」「よかったです!」「素敵ですね!」など反響をいただけたときや、目標を達成したときには嬉しさと同時に次へのモチベーションも上がり、これからの原動力につながっています。

これからなりたい自分とは。もしくは虹人として実現したいこと。


マルチに活躍できるデザイナーになりたいです。私は、デザインはコミュニケーションの一つだと思っています。コミュニケーションを形として制作するデザイナーと、制作物を見ていただくお客様と最大限コミュニケーションを取るためにも、その時々に合った最適な方法・手段でデザインをしなければいけないと思っています。そのためにも多角的にアプローチができ、様々な表現ができるデザイナーを目指していますし、一虹人として、haruの魅力をもっと多くのお客様にお伝えするためにも社内から様々なアプローチを提案できるデザイナーになりたいです。 haruブランドはシャンプーをメイン商品としていますが、その他にも素敵な商品がたくさんあります。それらの商品はすべて、お客様により良い暮らしをご提案するための「おせっかい」から生まれたものばかりです。だからこそシャンプー以外の商品も、もっと多くの方に知っていただき、ヘアケアだけでなく暮らし全体がより良くなっていただけるように、多くのおせっかいをデザインとともに実現していきたいです。

座右の銘


明日死ぬかのように生きよ、永遠に生きるかのように学べ